弘のええとこどり『焼肉弘堪能セット』

牛肉の部位の説明

カタロース(クラシタ)

【特徴】
肩甲骨周りのロース肉。一番大きな部位の一つです。脂肪が入りやすく、霜降りが適度に入った柔らかい肉質。きめの細かい肉質で、ほどよい食感と濃厚な味わいが楽しめます。
薄切りにして使えば、さらに旨みが引き出せるので、すき焼きやしゃぶしゃぶに最適。関東では「肩ロース」、関西では「クラシタ」と呼ばれています。
「クラシタ」の名前の由来は、馬に乗る時に使う「鞍(クラ)」の下になる部分だからなんだそうです。

【用途】
すき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉等

クラシタのポジション クラシタのチャート クラシタ

カタロース(クラシタ)を使ったおすすめ商品

黒毛和牛 特上ロース焼肉用(500g)

通常価格(税込): 9,698円

他にも気になる部位はありますか?