お肉の美味しい食べ方

焼肉編

  1. お肉に塩コショウをまぶし、ホットプレート(網)に丁寧にのせます。
  2. 下面に焼色が付く頃に、上面に少し脂が浮いて一瞬はれ上がりますので、急いで裏返して下さい。
    ポイント何度もひっくり返さないこと!片面じっくり、後はサッと炙る!
  3. 5~6秒待ち、切り口に少し赤身が残っている位が食べごろです。
    ポイント食べる分だけ焼いて、丁寧に仕上げて下さい。

    弘特製の焼肉タレは、もみダレとしてご利用いただけます。
    その場合は、先にタレを絡めてから焼いて下さい。鉄板の脂はキッチンペーパーで良く拭き取って下さい。
焼肉編

しゃぶしゃぶ編

  1. お鍋のだし(湯)の温度は、70~80度が適温です。
    ポイント【ぐつぐつ】している状態は90度以上です。
  2. 牛肉はあまりに煮過ぎないで淡いピンク色でお召し上がり下さい。
    ポイントお肉本来の旨みをより実感できる重要ポイント!
  3. お鍋のアクは、丁寧にこまめに取って下さい。
  4. お野菜は季節に応じて旬のものをお勧めします。
    (一度に沢山の量をお鍋に入れないで下さい)
しゃぶしゃぶ編

ステーキ編

  1. お肉を冷蔵庫から出し、約30~40分常温にさらします。
    ポイントお肉の表面が柔らかくなっている方が、芯まで火が通りやすく綺麗に焼くことが出来ます。
  2. 焼く直前に、お肉の両面に塩コショウをまんべんなく振ります。
    ポイント早くから振っておくと、塩コショウがお肉の旨味成分を取り除いてしまいます。
  3. フライパンに牛脂をひき、強火で煙が少しでるくらいまで熱します。
  4. お肉をフライパンの中心に置き、表面に一気に焼き目を付け、肉汁を内側に閉じ込めます。濃いきつね色の焼き目が付いていることを確認して裏返します。
  5. 指で肉を押さえ、返ってくる弾力で火の通り具合を確認し、お好みの焼き加減に調整します。
    ポイント弾力が強いほど、よく火が通っている証拠です。焼き過ぎには注意して下さい。
ステーキ編

ホルモン編

  1. ホルモンに塩コショウをまぶし、(タレ付きの場合は×)フライパン(網)に脂の面を下にして風呂敷を広げるように丁寧に炒めます。
    ポイントホルモンは、しっかり火を通るまで焼きましょう。
  2. 上面が少し膨らんだら、広げるように裏返します。
  3. 5~6秒待ち、肉汁が落ちないように取りお召し上がりください。
    ポイント「脂=旨み」ですので、出来るだけ落とさないように焼きましょう。

    脂が気になる方は、この時によく焼いて調節してください。
    鉄板の脂はキッチンペーパーでふき取って下さい。
ホルモン編

すき焼き編(関東風)

  1. お鍋を強火で温め、牛脂をひきます。
  2. わりしたを少量入れて、お肉が重ならないように、1枚ずつ丁寧に並べて焼くように煮て下さい。
  3. 少し赤身が残っているところで裏返して、すぐにお召し上がりください。
  4. 続いてお野菜を入れて、わしりたを少量たらしながら、再びお肉・お野菜を交互に入れてお召し上がりください。
    ポイント関東風は「牛鍋」をイメージしてください。お肉は煮過ぎないように注意しましょう。
すき焼き編(関東風)

すき焼き編(京都風)

  1. お鍋を強火で温め、牛脂をひきます。
  2. お鍋にお肉が重ならないように丁寧に敷き詰めます。
  3. お肉の上にザラメ(砂糖)、お酒(みりん)、醤油を入れ、少し赤身が残っているところで裏返し、すぐに召し上がって下さい。
    ポイントお肉の表面から旨み成分(ドリップ)が浮き上がってきたら返して下さい。
  4. お野菜・お豆腐などをいれ、個別の調味料で味を整えながら、お召し上がりください。
    ポイントまずはお肉だけ焼くのが「京都流」!!
  5. お肉の焼き過ぎと味付けに注意して下さい。
すき焼き編(京都風)